吉祥寺 古典を読む会

日本古典文学を読むサークルです。月1回、週末(日曜の午後)、吉祥寺で開催します。参加費は1回200円。単発参加も継続参加も大歓迎です。

こちらの会では、毎回1つの作品を取り上げ、あらすじや時代背景、作者のプロフィールなどを確認するとともに、名場面の本文を読み味わっていきます。カルチャースクールではなかなか扱えないような、マニアックな作品・場面なども取り上げますが、絵巻などの視覚資料も取り入れ、作品の魅力が活き活き伝わるように努めております。

 

基本的には、私からご説明をし、随時ご質問などを受け付けるスタイルです。本文を読む際に必要な単語・文法の知識についてはそのつど説明しますので、知識がないという方も(学ぶ意欲さえおありでしたら)歓迎いたします!

 

毎回、参加者様からの質問や感想が飛び交う、和気あいあいとした会です。扱う作品も、参加者さんのリクエストを聞きながら選んでいきます。

◆活動をまとめた冊子(年報)を作成し、
通信販売をしております。

◆過去の開催実績はこちら

 

2019年 年間スケジュール(暫定)

・1/20(日)物語の祖・竹取物語を改めて

  ※この日のみ武蔵境の武蔵野プレイスで開催し、参加費を500円とします。

 

・2/3(日)与謝蕪村の俳句と絵

・3/3(日)『源氏物語』の和歌と紫式部集

・4/14(日) 天皇の和歌 雄略天皇から新たな天皇陛下まで

・5/26(日) 『江戸生艶気樺焼』色男に憧れた団子鼻クン

・6/30(日) 『保元物語』 獅子奮迅の働きを見せる源為朝

・7/14(日) 斎宮・斎院の物語 『伊勢物語』『大和物語』『源氏物語』etc

・8/25(日) 西行法師の自家歌合 俊成・定家の判詞をもとに

・9/29(日) 漱石の俳句・漢詩を読む

・10/27(日) 『源氏物語』現代語訳を読み比べる

・11/17(日) 『太平記』仮名手本忠臣蔵にも使われた、高師直の横恋慕

・12/15(日) 『源氏物語』大君を求め続けた薫

 

特筆のない限り、会場は「御殿山コミュニティセンター」(東京都武蔵野市御殿山1-5-11、吉祥寺駅南口より徒歩6分)、参加費は200円、開始時刻は14時です(16時頃終了)。

 

  • 公的施設で予約が直前にしかできず、会場が変更になることもございます。最新の案内をご希望の方は以下のフォームよりメール配信をお申し込みください。
  • 事前の予習や書籍購入は不要です。

メ―ル配信(開催案内、講座音声)の送付希望フォーム

メモ: * は入力必須項目です